進撃の巨人じゃなくてホントに良かった
羽海野チカの新作? - 日常のことばたち
スポンサードリンク

手塚治虫文化賞大賞は「3月のライオン」新生賞に今日マチ子
第18回手塚治虫文化賞の受賞作が決定。マンガ大賞には羽海野チカ「3月のライオン」が輝いた。

-中略-

そのほか清新な才能や斬新な表現に贈られる新生賞には、2013年に「みつあみの神様」などを上梓した今日マチ子、短編賞には「オンノジ」などを手がけた施川ユウキが選出された。特別賞には藤子不二雄(A)「まんが道」と、昨年完結を迎えた続編「愛…しりそめし頃に…」が選ばれている。
ベルセルク亡きアニマル(もうすぐ連載再開)を支えた大黒柱

将棋マンガだけど将棋が分からなくても面白い人にとっては面白い作品
ただ2chとかネットを見る感じ、自分で読んでる感じからして人物描写が独特で羽海野チカ作品は人を選ぶ
あとネコ好きなのは解るけどアピールし過ぎ

好きだけど端的に表すなら色んな意味で臭い、臭いのが良い
ハチクロも良かったけど3月のライオンはもっと良い、主人公周りの人間の境遇がグチャグチャ過ぎ
ハチミツとクローバー 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

将棋はルールを知ってるくらいなのでどのレベルで描写されてるかは良く解らない
村山聖モデルのキャラがライバルだったり色々とツボは抑えていると思う

ヒロイン候補は4人位いてオススメはこの娘
3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)